公務員試験を受けるために予備校へ通ったほうが良いのか、独学(周囲の人のペースに合わせる必要はありませんが、継続するには強い意志が必要となります)でも大丈夫なのか悩む人もいるでしょう。 予備校へ通わなければ合格することが出来ないという訳ではけしてありません。 独学で試験に挑み、合格を果たした人もいます。 でも、資金や時間に余裕があるのであれば、予備校をつかってたほうが断然良いでしょう。 わからないことはすぐに聞く事が出来るし、様々な情報収集もできるはずです。 しかし、余裕がないといった場合には、独学(効率の良い勉強法を模索し、積極的に情報を集めるなどしなけれね、見当違いのことに時間を費やしてしまうことにもなりかねません)で勉強できるような参考書もありますよ。 この場合には、効果の得られる参考書を選ぶことが重要となってくるでしょう。 また、文章を書く能力や面接をきちんと出来る能力が備わっていなければ、独学で勉強をしても欠けてしまう部分が出てしまいます。 誰かに見てもらったり、癖など気になる点があれば指摘してもらい、改善していくようにしてください。 最終的には、いかに効率的に勉強できるかです。 独学の方が集中して勉強できるのか、予備校の雰囲気の中のほうが勉強がはかどるのかを冷静に判断しましょう。 それぞれに合ったやり方で勉強していくことが大切になるのですー